戻る



  産学官共同で実施する開発研究プロジェクトであり、原則的にRISTかがわの設備を優先的に使用できます。

共同開発研究
区  分 内     容
研  究  期  間 1〜3年程度
参加企業負担金
(消費税別)
運営管理負担金 県内企業 : 100万円以上/年
STZ地域企業*及び県外中小企業 : 500万円以上/年
その他企業** : 600万円以上/年
研 究 指 導 者 研究指導者の選任は財団と企業が協議して決定します。
研   究   員  財団の研究員(博士の学位を有するか又はそれと同等の学歴経験を有する者)1名以上を当該プロジェクトの担当者とします。企業からは研究者又は製品開発担当者1名以上をお願いします(常駐は必要としません)。
 なお、研究指導者の判断によって適宜客員研究員を委嘱します。
研究ブース 及び
実験機器の使用
 基礎研究等のため、研究管理棟の実験室・研究室及び実験機器並びに実験棟のテストプラントを使用できます。
そ   の   他 研究開発に必要なテストプラントの改良・修繕費は参加企業の負担となります。
* STZ地域企業 : 岡山県、徳島県、高知県に立地する企業
** その他企業  : 中小企業基本法に定める企業を除く企業


地域企業共同研究支援事業による共同開発研究
区  分 内     容
対   象 香川県内の企業
研  究  期  間 1年以内(さらに1年以内の延長が可能です)
参加企業負担金
(消費税別)
300万円以内/年
(同額を財団が負担します)
研 究 指 導 者 研究指導者の選任は財団と企業が協議して決定します。
研   究   員  財団の研究員(博士の学位を有するか又はそれと同等の学歴経験を有する者)1名以上を当該プロジェクトの担当者とします。企業からは研究者又は製品開発担当者1名以上をお願いします(常駐は必要としません)。
 なお、研究指導者の判断によって適宜客員研究員を委嘱します。
研究ブース 及び
実験機器の使用
 基礎研究等のため、研究管理棟の実験室・研究室及び実験機器並びに実験棟のテストプラントを使用できます。


戻る