戻る


高温高圧流体技術とは!

  物質には、温度と圧力により、固体・液体・気体の三つの集合状態があります。
  しかし、ある温度・圧力(臨界点)を超えると、気体と液体の境界面が消失して、両者の間の特有の性質を持つ均一な高密度流体になります。この流体は超臨界流体と呼ばれ、特に物質移動特性に優れています。
  高温高圧流体技術は、臨界点近傍における超臨界流体を含む高温高圧流体の優れた特性・機能を利用して、物質の抽出・精製・洗浄、材料の調製・加工・機能化、反応等を行う新技術です。

超臨界流体
  温度(℃) 圧力(MPa)
二酸化炭素 31以上 7.4以上
メタノール 239以上 7.9以上
374以上 22.0以上
密  度
超臨界流体の特徴
 ・普通の液体では溶けない物質をよく溶かす
 ・どんなに小さなすき間にも入り込める
 ・化学反応が起きやすくなる

分子が ゆるやかに 結合している


分子が 自由に 動く