戻る


◇平成23年度に実施したプロジェクト等の研究成果           (開催日:平成24年9月24日)
番号 テ ー マ 名 担当研究員
  1 超臨界抽出技術による抽出結果 中西   勉
  2 マイクロ波加熱技術による抽出結果 朝日 信吉

◇平成22年度に実施したプロジェクト等の研究成果           (開催日:平成23年6月10日)
番号 テ ー マ 名 担当研究員
  1 超臨界流体の利用技術の開発について 中西   勉
  2 マイクロ波加熱を用いた技術開発(抽出・乾燥・反応)について 朝日 信吉

◇平成21年度に実施したプロジェクト等の研究成果           (開催日:平成22年6月11日)
番号 テ ー マ 名 担当研究員
  1 マイクロ波技術を活用したバイオ燃料の開発 Armando T.Quitain
  2 バイオマスの可溶化技術に関する開発 中西   勉
  3 かん水からのリチウム回収システム開発 湯   衛平
  4 マイクロ波照射による水溶液の昇温特性 近田   司

◇平成20年度に実施したプロジェクト等の研究成果           (開催日:平成21年6月29日)
番号 テ ー マ 名 担当研究員
  1 超臨界二酸化炭素を用いた規格外ワカメからフコキサンチン抽出技術の開発 Armando T.Quitain
  2 超臨界二酸化炭素中での含ハロゲンポリマーの熱物性測定 畑   和明
  3 柑橘果皮の乾燥微粉末化技術の開発 中西   勉
  4 マイクロ波加熱による柑橘系未利用資源の有効利用 近田   司
  5 電子レンジ内のマイクロ波分布・温度分布測定 朝日 信吉
  6 かん水からのリチウム回収技術の開発 湯   衛平

◇平成19年度に実施したプロジェクト等の研究成果           (開催日:平成20年7月1日)
番号 テ ー マ 名 担当研究員
  1 皮革素材の高機能化技術の開発 中西   勉
  2 マイクロ波―固体触媒を用いたバイオディーゼル燃料の迅速製造技術の開発 Armando T.Quitain
  3 光触媒の現状と応用  ― 空気清浄機 ― 湯   衛平
  4 マイクロ波水蒸気蒸留法による柑橘類精油の回収 加藤  俊作
  5 マイクロ波加熱による被加熱物のマイクロ波分布・温度分布測定 朝日 信吉
  6 高圧二酸化炭素中でのポリカプロラクトンの熱物性測定 畑   和明
  7 マイクロ波照射下での特異な加熱現象 近田   司

◇平成18年度に実施したプロジェクト等の研究成果           (開催日:平成19年6月22日)
番号 テ ー マ 名 担当研究員
  1 未利用資源からの高栄養・高機能性食品素材の製造に関する技術開発 Armando T.Quitain
  2 超臨界パターニング技術による微小電極及び微小電池の創製 黄   錦涛
  3 超臨界流体注入法を用いた機能材料創製技術 中西   勉
  4 高圧二酸化炭素中でのポリ乳酸の熱物性測定 畑   和明
  5 高性能可視光型二酸化チタン光触媒の新しい製造方法の開発 湯   衛平
  6 マイクロ波液相化学反応と装置化技術 近田   司
  7 マイクロ波加熱装置におけるマイクロ波分布・温度分布測定 朝日 信吉

◇平成17年度に実施したプロジェクト等の研究成果           (開催日:平成18年6月21日)
番号 テ ー マ 名 担当研究員
  1 超臨界二酸化炭素による天然素材・天然有機廃棄物から有用成分の抽出 Armando T.Quitain
  2 マイクロ波を利用した高品位活性炭の実用的製造技術の開発 陳   再華
  3 活性炭を用いたTiO2光触媒の製造技術およびそれを使用した農作物鮮度保持多層フィルムの開発 湯   衛平
  4 超臨界二酸化炭素-高分子系の熱物性測定と解析 畑   和明
  5 安定な薬剤微粒子コロイドの調製 黄   錦涛
  6 超臨界流体注入法を用いた機能材料創製技術 中西   勉
  7 MW水熱分解を利用した廃菌床の分解・可溶化技術の開発 朝日 信吉
  8 その場観察型マイクロ波反応装置の試作とハイブリッド化 近田   司

◇平成16年度に実施したプロジェクト等の研究成果           (開催日:平成17年6月24日)
番号 テ ー マ 名 担当研究員
  1 超臨界二酸化炭素による柑橘類の絞り粕からの有用成分の抽出 Armando T.Quitain
  2 超臨界流体注入法を用いた固体有機高分子材料への機能付与 中西   勉
  3 超臨界炭酸ガスを用いた微粒子のパターン化 黄   錦涛
  4 高圧流体中でのポリマーの熱物性測定 畑   和明
  5 マイクロ波化学法によるZn及びTi化合物の簡単合成 近田   司
  6 高表面積ナノ白金担持活性炭の製造 陳   再華
  7 イソシアネート系ポリマーのケミカルリサイクル技術の開発 朝日 信吉
  8 アセチレンブラックを鋳型に用いたTiO2ナノ結晶の調製とリチウム挿入特性 湯   衛平

◇平成15年度に実施したプロジェクト等の研究成果           (開催日:平成16年6月11日)
番号 テ ー マ 名 担当研究員
  1 超臨界二酸化炭素による“おから”の有用成分の抽出 Armando T.Quitain
  2 高品位活性炭の製造と特性 陳   再華
  3 超臨界流体注入法を用いた固体有機高分子材料への機能付与 中西   勉
  4 RESS法によるマイクロカプセル薬剤の製造 黄   錦涛
  5 超臨界流体等による廃ポリウレタンのリサイクル技術の開発 朝日 信吉
  6 炭素材料を用いた酸化物ナノ結晶の作製と応用 湯   衛平
  7 超臨界二酸化炭素中でのポリオレフイン類の熱物性測定 畑   和明
  8 マイクロ波化学法による各種材料の簡単合成 近田   司

◇平成14年度に実施したプロジェクト等の研究成果           (開催日:平成15年6月18日)
番号 テ ー マ 名 担当研究員
  1 超臨界二酸化炭素中でのポリマーの熱物性測定 畑   和明
  2 超臨界CO2によるヤーコンからの有用成分の抽出 Armando T.Quitain
  3 超臨界流体を用いた有機高分子材料の高機能化技術の開発 中西   勉
  4 超臨界流体急速膨張法による材料創製 尾路 一幸
  5 廃ポリウレタンの超臨界メタノールによるケミカルリサイクル 朝日 信吉
  6 β-MnO2/カーボンブラックのナノ複合体の合成と放電性能 湯   衛平
  7 マイクロ波-水蒸気養生によるケイ酸カルシウム系建材の迅速成形 陳   再華
  8 マイクロ波化学法を用いた無機微粒子材料の迅速合成 近田   司

◇平成13年度に実施したプロジェクト等の研究成果            (開催日:平成14年5月24日)
番号 テ ー マ 名 担当研究員
  1 ケイ酸カルシウム系建材の省エネルギー成形法 陳   再華
  2 超臨界流体と高分子との相互作用の基礎特性データの整備
 (超臨界二酸化炭素中での高分子材料の熱物性と高分子材料への
  二酸化炭素溶解度)
畑   和明
  3 超臨界流体急速膨張法による材料創製 井上   均
  4 超臨界流体注入法を利用した無機/有機複合材料創製 中西   勉
  5 廃ポリウレタンの分解挙動に関する研究 朝日 信吉
  6 LiMn2O4単結晶の合成およびその充放電特性 湯   衛平
  7 超臨界流体による天然植物からの有用成分の抽出 Armando T.Quitain


戻る