香川県内企業・財団の取組

アスリートと二人三脚で新世代スポーツの発展に貢献(株式会社都村製作所)

新かがわ中小企業応援ファンド等事業を活用

BMX専用パークを組立型で

国内における体育器具や公園遊具専門メーカーのパイオニアとして、約130年の歴史を誇る同社。身近な公園の遊具からプロスポーツの公式競技器具まで幅広く手掛け、個人向け健康器具のネット販売、スポーツ施設向けの大型4面ビジョンなど、新しいニーズにも意欲的に応えている。

同社が近年力を入れている競技のひとつが、東京五輪から新種目となるスケートボードとBMXフリースタイル。既に「スケートパーク」と呼ばれるスケートボード競技用スペースを15年ほど前から全国に展開しており、需要の少ない時期からコツコツ実績を増やして、現在は全国50カ所ほどに広がっている。これは国内トップの実績だ。「スポーツ器具と公園遊具の両方を製造するのが当社の強みですから、取り組みやすかったです」と、代表取締役の都村尚志さんは振り返る。

スケートボード用のパークとBMXのパークは一見似ているが、BMXの方が高さや曲線の規格が大きく、グリップを利かせる必要があるため表面の塗装処理も異なる。スケートボード用パークのニーズが先行していたものの、BMX専用パークも増えつつあり、大規模な公共パークだけでなく、イベント用に貸し出してほしいというニーズも出てきた。こうした需要に応え、より手軽に扱えるものができないかという思いから、組立型のパークというアイデアが生まれ開発に着手した。

組立式で多様なコース設計が可能に

「組立式は固定のパークと違って毎回違う場所に設置するものですから、どんな路面でも使えなくてはいけません。ジョイント部に段差などがあるのももちろんNG。頭の中ではレゴブロックみたいに考えますが、実際は重量物で、組立式であってもかなりしっかりしたものなんです」と都村さん。

同社には、全日本BMXフリースタイル連盟と育んだ信頼関係がある。この連携をベースに、海外の大会も参考にしながら試作を重ね、全日本大会などで実際に運用。アスリートの意見や要望を取り入れ、展示会などにも出展して反応を聞きながら、現在も改良を加えている。BMXで五輪メダル候補と期待されるアスリートに、実際に使用してもらって意見を聞くなど、改良に協力してもらった。京都にある専用パークを同社が手掛けるといったつながりも生まれた。

大会やイベントごとに使うパーツは異なるため、大会の規格やコースデザイナーの設計に応じて、組み合わせを変えて、現地でコースを組み立てていく必要がある。微妙な調整は製造担当の腕の見せどころ。「同じアール(曲線)のパーツでも、勾配に合わせて置き方を変えたり、毎回いろいろな工夫をしています。プレイヤーごとの好みもあるし、セッティングには神経を使いますが、『ジャンプが高くなる』『いい結果が出た』という声が何よりの励みですね」と、製造担当の大藪幸造さん。2019年5月には、公道を走るトレーラーの上にコースを組んでプレーするショーパレードにも同社の組立パーツが使われた。アール違いやサイズ違いなどパーツのバリエーションが増えれば、さらに多様なコース設計が可能になるだろうと見込んでいる。

製造担当の大藪さん

子供たちにも魅力をアピール

日本のトップランナーとしてきわめて高い精度でものづくりに取り組む同社だが、トレンドはやはり海外先行だという。最先端を走る海外の精鋭企業を追いかけ、追い抜こうと挑んでいるのが現状だ。今のテーマは「強度を保ちつつ軽量化」すること。「輸送を考えると軽い方がいいんですが、頑丈にするとどうしても重くなる。鉄の厚みや補強方法などを工夫してなるべく軽くしつつ、安全性もきちんと守るのがなかなか大変で…。でも、現場に出向いてああでもないこうでもないと試行錯誤するのが、メーカーとして一番の楽しみでもありますね」と大藪さん。5歳の息子さんがBMX競技にデビューしたばかりということもあって、学校へのレンタルなどにも力を入れたいと語る。「トップアスリートが登場するイベントで、リアルなプレーの面白さに触れてほしいですね」。子供世代にアピールすることで、現役プレイヤーにとどまらず、次世代のトッププレイヤーを育む取り組みにもつながるかもしれないと、期待が高まるところだ。

新商品にかける熱き想い

さまざまなイベントを通じて、競技としての人気や知名度が高まれば、プレイヤーが増えて大会も増える。こうしたサイクルを通じて、BMXの発展をバックアップしたいと思っています。新世代競技の発展とその普及に、当社の技術で貢献できればうれしいですね。

代表取締役 都村 尚志氏

株式会社都村製作所

会社概要

所在地 仲多度郡琴平町榎井590
電話 0877-73-2251(代)
URL https://www.tsumura-f.co.jp
従業員数 77名
資本金 2,000万円